アレルギーに対する免疫療法(減感作療法)について

 

アレルギーに対する薬物療法は、アレルギーに対する症状を緩和させるもので、根治(根本的に治す)ものではありません。

それに対しアレルギーの原因物質を少しずつ体に投与することによって、その物質に対するアレルギー反応を減らす、体質改善の治療方法です。

アレルギーの原因物質を少しずつ投与して、体質を改善させます。

 

免疫療法は、スギ花粉とハウスダスト(=ダニ)の二種類が治療可能です。

スギ花粉は70%、ハウスダストは80%の改善率が期待できます。

80%の改善率とは、80%の方の80%の症状が良くなるということです。

舌下投与の方法がありますが、副作用が舌下のほうが少ないので低濃度の量で開始し、一定の濃度に達すると三年間の維持療法を行います。

 

通院は月一回ですが、自宅で毎日舌下投与を行っていただきます。

鳥居製薬のホームページをご覧ください。www.torii-alg.jp

免疫療法(減感作療法)は3年間という期間を要しますが、アレルギーを治癒させうる唯一の治療法です。

舌下免疫療法は導入時、週一回通院をしていただき、

①ダニでは3300→6600→10000単位の3段階1か月で維持に達します。②スギ花粉では2000→5000単位の二段階です。

この間の料金は合計2500円程度(保険3割負担、その他のアレルギーに対する薬剤や治療をのぞく)です。

維持療法に達すると、月一回の通院を行います。料金は月1800円程度、(保険3割負担、その他のアレルギーに対する薬剤や治療をのぞく)です。